【税金の基本】仮想通貨の利益は雑所得。雑所得とは?

雑所得とは

仮想通貨で大儲けした人は多いのではないでしょうか。仮想通貨ブームに乗って億り人になった人は、たくさんいると思います。ただ、税金の知識は大丈夫ですか?

まだこれから仮想通貨でバンバン稼いでいこうという方も、今の税金の知識で大丈夫ですか?

税金については知っていて損はありませんよ。むしろ知らないと痛い目を見るのは自分です。

仮想通貨が分類される雑所得について、
税金初心者でもわかりやすく解説していきます。

仮想通貨の利益は雑所得に。

国税庁が2017年12月に発表した
「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」には、

ビットコインをはじめとする仮想通貨を売却又は使用することにより生じる利益について
は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑
所得に区分され、所得税の確定申告が必要となります。

と記載されています。
仮想通貨の利益は雑所得扱いになるということが決まりました。

要約すると、仮想通貨を売ったり、利用したりして得た利益は雑所得に分類されると記載してあります。

例えば、1BTC=100万円のレートの時に、1BTCを買ったとします。その後1BTC=130万円に上がったので売却しました。すると130万円ー100万円で30万円の利益になります。この30万円は雑所得の対象となるわけです。

雑所得とは?

では実際に、雑所得とは何を指す税金になるのでしょうか。

雑所得とは、10種類ある所得のうちの1つで、ここでは雑所得に関しての説明ですので、名称の紹介だけ記載します。
※所得:売上から、その収入を得るために使用した経費を引いて残ったお金のこと。

  1. 配当所得
  2. 利子所得
  3. 不動産所得
  4. 事業所得
  5. 給与所得
  6. 退職所得
  7. 譲渡所得
  8. 山林所得
  9. 一時所得
  10. 雑所得

この雑所得は、上記1〜9の所得に当てはまらない所得を指します。

さらに雑所得は2つに分けられます。
それが、

  • 公的年金の雑所得
  • 公的年金以外の雑所得

になります。

仮想通貨投資をする人が覚えておかないといけないのは、後者の【公的年金以外の雑所得】になります。

他の事例で言うと、
印税や講演料、原稿料、アフィリエイト、ネットオークションなどの収入があります。

この雑所得ですが、
20万円以内であれば確定申告をする必要はありません。

ただ冒頭でも引用したとおり、
金融庁が発表した「仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)」によれば、「確定申告が必要」と記載されています。

この確定申告とは一体どういう意味なのでしょうか?

確定申告とは?

確定申告ってよく聞くけど、
ざっくりしか理解していない人は多いと思います 。

わかりやすく説明すると、確定申告とは、
あなたが払わないといけない税金はいくらなのかを、税務署に申告することです。「払わないといけない税金」というのは、前の年の1年分になります。

青色申告や白色申告というキーワードを聞いたことがある人もいると思いますが、この記事では雑所得の意味がわかれば大丈夫なので、ここでは割愛させていただきます。後ほど別途記事を書きたいと思います。

いかがでしたでしょうか?
雑所得について簡単ではございますが理解できたと思います。
税金については、税理士などの専門家でない限り、ざっくり覚えておくだけで問題ないと思います。

自分の身を守るための武器として、
必要な部分は細かいところまででなくても、理解できるようにはしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魅上です。 仮想通貨投資を原資10万円でスタートしました。 総資産は現在7桁にまで伸びている現状です。 ブロックチェーンの今後が楽しみで必死に勉強しています!