仮想通貨のICOとは何か?わかりやすく解説していきます。

ICOとは

最近ICOという言葉をよく聞きませんか?

「スタートアップがICOで資金調達に成功!」
「ICOでボロ儲けした」
「今注目のICO案件!」などなど。。

今回はそんなICOとは何なんだ?という人が、
スッキリして帰れるように、
わかりやすく解説していきます。

ICOとは

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、簡単に言うと、スタートアップ企業などが資金調達のために、独自のトークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、そのトークンを販売することで研究費や開発費に充てることができるシステムのことです。

圧倒的なスピード感で資金を調達できることから、今世界で注目されている方法なのです。
ICOと同じような意味で、クラウドセールトークンセールなどと呼ばれることもあります。

firefox最近ではブラウザのFirefoxで有名なMozillaの、前CEOが立ち上げたブラウザ開発企業BraveでICOを行った事も有名ですね。

なんと3500万ドルの調達に成功しています。
今だと日本円レートで108円程なので、37億8000万円の調達をしたことになります。桁違いの威力です。

さらに驚くことに、このICOでこれだけの金額を集めるのにかかった時間、わずか30秒。ICOの威力がいかに凄いか理解してもらえたかと思います。

よく間違えられるIPOとの違い

ICOに対して間違いやすいのがIPOというキーワードです。
IPOとは「Initial Public Offering(イニシャル・パブリック・オファリング)」の略で、日本で訳すと新規公開株という意味になります。ICOの株バージョンと認識してもらって問題ございません。

ICOがトークンで資金を調達することに対して、IPOは株を発行することで資金を調達するのです。
ゆくゆくは株で稼ぎたいという方は、勉強しておいても良いかもしれませんね。

株の場合は新規上場で株式を投資家に先行的に売り出すので、儲けられる可能性は通常よりも高く、IPOで稼いでいる投資家も多いですよ。

ICOのトークンを購入するメリット

企業側は、ICOを行うことで資金調達ができるというメリットはわかったと思います。
ただ、私たち投資家は何のメリットがあって購入するのでしょうか?

1番のメリットとしては、トークンの購入後、資金調達した企業のプロジェクトが成功し、トークンの価格が上がることでしょう。このトークンの価値が上がることで億り人になることも夢ではありません。

個人が投資したトークンで、価格が100倍も高騰したICOもありました。
10万円で購入していれば、1000万円に変わっていたという計算になります。
恐ろしいですね。

100倍というのはめったにありませんが、10倍・20倍・40倍などと、こういった夢物語のようなことが、平然と起きているのです。
いかにICOのパワーが凄いかということが理解してもらえたかと思います。

ICOは詐欺などの危険性が高いものが90%以上!

すぐにでも張り切ってやってみようと意気込んでいるところ、すみません。
ハイリスクハイリターンという言葉があるように、楽な道などございません。
稼ぎたければ、その分リスクも一緒に背負わなければいけないのが投資の世界です。

仮想通貨の種類は、現在1300種類以上あると言われています。
ということは、上場していないICOトークンも含めればそれ以上です。
そんな数ある中で本当に価値あるものは一握りです。
言う人によって90%以上が詐欺だと仰っています。

その中から本物のプロダクトを探して、質を見極めるというのはなかなかの難しさがあります。
誰よりも早く情報を手に入れるのなら、英語も読めないといけませんし、常に正しい情報とスピードが求められます。

慣れるまでは、国内取引所で有名な仮想通貨での取引をオススメ致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魅上です。 仮想通貨投資を原資10万円でスタートしました。 総資産は現在7桁にまで伸びている現状です。 ブロックチェーンの今後が楽しみで必死に勉強しています!