取引所と販売所の違いは?仮想通貨初心者は注意!

取引所と販売所の違い

これから仮想通貨の取引をはじめようとしている皆さん、取引所販売所。この2つのキーワードで頭がこんがらがっていませんか?

最初に警告しておきますが、
取引所と販売所の意味を知らないまま取引を進めていると、確実に損をします
塵も積もれば山となるではないですが、トータル資金が大きくなればなるほど、損失が増えていくので早めの習得をおすすめします。

あなたが損失をできる限り減らせる知識を、この記事で身につけていってください。

大前提として取引相手の違いを理解!

仮想通貨市場では、
通貨を売買して利益を稼いでいるプレイヤーが、大きく分けて2プレイヤーいます。

1つが私たち、為替差益で利益を稼ぐ投資家(機関投資家も含む)です。2つ目が取引所になります。

取引所の種類としては、みなさんも知っているような、Coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)、Zaif(ザイフ)、GMOコイン、DMMビットコインなどなど、国内取引所だけでも多く存在します。

この2プレイヤーで市場の通貨を取り合っているのです。

結論を言いますと、
この取引相手の違いを理解することが、取引所と販売所を理解する上で1番大事なことになります。
投資家が仮想通貨市場で、通貨を購入する方法としては、主に以下の2つしかありません。

  1. 投資家Aは投資家Bから買う
  2. 投資家Aは販売所で買う

「あれ、取引所がない」と思った人もいるかもしれません。取引所は1の仲介でいます。
つまり、下記になります。

  1. 投資家A→取引所→投資家Bから買う
  2. 投資家A→販売所から買う

わかりやすく説明していきますね。
1の場合は、投資家Aと投資家Bの売買の仲介に取引所が入っています。よって取引所は仲介料として手数料をもらってます。
簡単に言えば、通貨を持っているのは投資家で、取引所は「買いたい人と売りたい人をマッチングしている」から、その紹介料として手数料をいただいているということになります。

それに対して2の、投資家が販売所から買う場合。
こちらは、投資家と販売所のみで売買することになるのですが、先程と違うのは、販売所が通貨を仕入れて売っているということです。1は投資家のみが通貨を持っていたのに対し、こちらでは通貨を持っているのは販売所なのです。つまりよそから仕入れている分、購入価格は、仲介手数料を取っている取引所よりも割高になるということなのです。

まとめますと、
取引所は、投資家同士の売買の仲介のみなので、安い取引手数料で済む。
販売所は、仕入れて投資家に売っているので、手数料は割高になるのです。

取引所・販売所のメリット,デメリットは?

先程の話だけですと、
手数料の安い取引所の方が得だと感じますが、実際デメリットもあります。

取引所は手数料が安い分、
自分がほしいと思った値段ですぐに売買できない可能性があります。
投資家同士の売買という特性上、あなたが買いたい値段と数量は、他の誰かが同じ条件で売りたいと思わない限り、マッチングしないので取引が成立しないのです。

その分、販売所の場合は、
手数料は取引所よりも割高ですが、既に販売所が通貨を仕入れて保有しているので、買いたい通貨を確実に買うことができます。

まとめると以下のようになります。

取引所メリット手数料が安い
デメリット好きなタイミングで希望の価格と数量で売買できるとは限らない
販売所メリット
手数料が高い
デメリット自分の好きなタイミングで売買できる

結論、安く買いたいのなら取引所。
早く買いたいのなら販売所。

という考え方が1番効率が良いのかもしれません。
タイミングによっては、
今すぐに買わないといけないタイミングがあるかもしれませんし、買いたい数が多い場合は手数料が少ない方が良い時もあります。

状況を見て、自分にあった方を選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魅上です。 仮想通貨投資を原資10万円でスタートしました。 総資産は現在7桁にまで伸びている現状です。 ブロックチェーンの今後が楽しみで必死に勉強しています!