仮想通貨のc0ban(コバン)とは?取扱い取引所や評判などを紹介

c0banとは
通貨名c0ban(コバン)
通貨単位RYO
時価総額350億円
(2018年1月15日時点)
インフルエンサー・代表取締役:小林 慎和
発行枚数約2280万RYO
取扱取引所・c0ban取引所
体制中央集権体制
特徴・日本発の仮想通貨
・アプリ利用可能
・ブロックチェーン技術を利用したc0ban広告という世界初のサービス
・投げ銭機能で動画投稿者を応援できる

みなさんc0ban(コバン)って知ってますか?

日本発の国内産仮想通貨です。

現状は日本円でしか取引されておらず、これから対BTC(ビットコイン)での取引が始まっていくので、海外の資金も入ってくると思われます。

こちらの記事では、c0banがどこの取引所で購入できるか、どういった特徴を持っているのかなど。c0banに興味を持っている方々に、わかりやすく説明していければと思ってます。

仮想通貨のc0ban(コバン)とは何か?

株式会社LastRootsが開発した通貨で、
ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨となります。

LastRootsは、東京の港区に事務所を構えており、代表取締役の小林 慎和さんが率いる従業員40名が在籍しており、2016年に作られたまだまだ若い企業になります。クラウドファンディングにて6.3億円の調達にも成功しており、これからの成長性も期待できる会社です。

c0banを作り始めた理由として、
代表の小林 慎和さんは、ここ20年間で話題になった日本のIT企業がないと感じていました。AmazonやApple、テンセントなどが躍進する中で、日本の企業がないのは悔しいと感じたそうです。そこでビットコインを参考にして、日本製の独自ブロックチェーンや仮想通貨のc0banを作ってサービスを広げることになったのです。

Youtubeで公式のc0banの説明動画もありました。
c0banとはどういう機能を持ち合わせているのか、とてもわかりやすい内容になっていましたので、是非こちらも観てみてください。

c0ban(コバン)を取扱っている取引所は?

c0banを取扱っている取引所は、
現状、c0ban取引所のみになります。

以下にc0ban取引所の特徴を挙げます。

  • 大手証券会社と同等の同レベルのセキュリティーチェックをクリアしている
  • アプリ利用可能
  • 世界初のシステムとして、取引所・アプリ・ウェブウォレットなどを同一IDとPASSで利用可能
  • マルチシグによるセキュリティーの強化

セキュリティー面がしっかりしているのは、とても安心ですね。最近はコインチェックショックなどもありましたので、セキュリティー面は安心できる取引所を選びたいですね。

この他にも通貨としての特徴も幅広いので、
詳しく説明していきます。

c0banの特徴は?

c0banの特徴として、
以下の5つが挙げられます。

  1. 日本発の仮想通貨
  2. 動画を見て仮想通貨を手に入れることができる動画広告システム
  3. 投げ銭機能で動画投稿者を応援できる
  4. 作った動画を広告主として出稿できる
  5. アプリ利用も可能

中でもメインとしては、動画を見て仮想通貨を手に入れることができるシステム、c0ban広告の役割が大きいでしょう。これからの広告システムを変えてくれるような感じがします。

c0ban広告の仕組み

c0ban広告は、動画を作る制作側と、その動画を視聴する視聴者側の2つの機能があります。

c0ban広告の仕組みとしては、広告主はこばんちゃんねるにて動画(CM)を流します。Youtubeをはじめとする動画プラットフォームは、一部を観たらスキップできる機能がありますが、c0ban広告はありません。

CMを最後まで観終わったら、
c0banをもらうことができる【小判ボタン】が0.9秒だけ現れます。そのボタンをしっかり押すことができればc0banをもらえる仕組みとなっています。

この0.9秒だけ現れることで、
しっかりCMを最後まで観ているのかという判別をされているのだと思います。よく考えられていますね。

CMを観る視聴者は、最終的にc0banという報酬をもらう形になりますので、Webサイトやアプリ広告などでよくある、急に表示されて無理やり見せようとする強制的なものではないので、広告主も視聴者もウィンウィンな関係を作れます。

c0banのアプリ利用も可能

c0banではアプリもリリースされており、スマホから利用することも可能です。
最近では検索もサービスの利用も、アプリがメインとなってきましたので、アプリでサクサク操作できるのはありがたいですよね。

以下URLを貼っておきますので、
インストールしてみてください。

c0banの評判は?

最後にc0banの評判について、
記載していきます。

Twitter上では、以下のようなこと評判があるようです。

  • c0banはガチホ
  • c0banは仕込んでおいた方が良い
  • セキュリティー的に微妙
  • SBIがc0banに出資
  • SBIの取引所が出来たらc0ban上場?
c0banのTwitter評判

 

c0banのTwitter評判2

 

c0banのTwitter評判4

 

c0banのTwitter評判3

いかがでしたでしょうか。
まだ出始めて間もない仮想通貨「c0ban」

これから伸びていく可能性もあれば、
サービスが世に広まらずに頓挫してしまう可能性もあります。

情報収集はしっかり念入りにして、
興味のある通貨には早めに仕込んでおきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魅上です。 仮想通貨投資を原資10万円でスタートしました。 総資産は現在7桁にまで伸びている現状です。 ブロックチェーンの今後が楽しみで必死に勉強しています!