ブロックチェーンとは?仕組みをわかりやすく図解で説明!

ブロックチェーン

この記事では、最近何かと話題のブロックチェーンとは何かという事に絞り、投資初心者にもわかりやすいように図解を交えて紹介していきます。

ブロックチェーンの誕生は、インターネット依頼の革命と言われています。
今や投機対象としておなじみの仮想通貨も、このブロックチェーンが無かったら生まれてもいません。
ブロックチェーンの仕組みを理解することで、仮想通貨をはじめとした、今後出て来るであろうブロックチェーンの様々なサービスも理解しやすいように予習しておきましょう。

ブロックチェーンの仕組みを理解することは、今話題の仮想通貨を理解することに繋がるので、ぜひ本日は覚えて帰ってください。

ブロックチェーンとは何か?

 

blockchain
みなさん、突然ですが日本銀行は偽札を配っていると思いますか?

当然、「ありえない」と思いますよね?
なぜそう思いましたか?
それは日本銀行を信用しているからです。
国が悪いことをする訳がないと、完全に国を信用しきっているからです。
日本の文化を考えれば極自然のことです。

日本円や米ドルなどの法定通貨は、このように信頼から成り立っている通貨と言えます。

それに対して、仮想通貨はどうでしょうか?
今あなたが初めてビットコインの存在を知って、すぐに価値のあるものだと信用できますか?
絶対偽造されていないと自信を持って言えますか?

恐らくこの記事を読んでいる方のほとんどが、「信用できない」と応えるでしょう。
当然のことです。あなたはビットコインの事を何も知らないのですから。
不安が生まれて当たり前です。

ただ、ビットコインを始めとした仮想通貨で使われているブロックチェーンの多くは、信用がなくても成り立つ仕組みになっています。

前置きが長くなりましたが、仮想通貨で使われているブロックチェーンという技術は、法定通貨のような信頼を必要としない仕組みができあがっています。なので管理する中央集権的な力は必要ないのです。

どういうことかというと、法定通貨である日本円は、中央銀行という絶対的に信頼できる番人が管理してくれています。

上の図をご覧ください。
それに対して仮想通貨でのビットコインが採用しているブロックチェーンは、みんなで監視して管理しようというものなのです。

誰かが不正や情報操作・データの改ざんをしないように、みんなで見張ることで、管理を分散し、安全を保つことができるのです。このように分散し、ユーザー同士が管理する形式を分散型取引台帳、またはP2P方式(ピア・ツー・ピア方式)とも呼ばれています。

ビットコインで利用されているブロックチェーン

bitcoin

ここまでブロックチェーンとはどういった仕組みなのかをざっくり簡単に説明してきました。
ただ皆さんが一番知りたいのは、ビットコインで使われているブロックチェーンだと思います。
こちらもわかりやすく解説していきたいと思います。

そもそもブロックチェーンはビットコインを支える技術として用いられています。
このブロックチェーンが存在することで、ビットコインが成り立っているようなものです。
以下に特徴を挙げていきます。

  1. 通貨を管理する中央銀行がいない
  2. 取引の改ざん(虚偽・偽造)を防ぐことができる
  3. 送金が早い

1.通貨を管理する中央銀行がいない

これは中央管理者である中央銀行がいないことで、みんなで管理し合うシステムだということを表しています。なので万が一、決定権が1箇所に集中し、全体の混乱を招くことを防げることになります。
中央銀行に限ってはありえませんが、独裁的な危険がなくなるというメリットがあります。

2.取引の改ざん(虚偽・偽造)を防ぐことができる

こちらはわかりやすく言うと、セキュリティー面が強いということです。
ビットコインのブロックチェーンというのは、取引が1つのまとまったブロックになっています。それらブロックがチェーンによっていくつも横並びに繋がっていくイメージです。

難しいことは省きますが、これらのブロックは並び替えることが出来ませんし、逆走すること、切り離すこともできないのです。これがブロックチェーンの大きな特徴と言えます。

そういったルールのおかげで、
みんなで大きく鎖で繋がったブロックを監視することができ、トランザクション(取引データ)の虚偽や通貨の偽造を防いでいるのです。

3.送金が早い

海外送金を行ったことがある人はわかるかもしれませんが、日本から海外へ通貨を送金する際は、とても時間がかかるばかりか、手数料も多く取られます。

これは私たちがお金を入れている銀行の口座からいくつもいくつも経由しているために、手数料や時間的コストがふくらんでいるのです。
イメージで言うと下記のようになりますね。

ex)自分の銀行口座→A銀行→C銀行→送り先の銀行

銀行によって取り扱っている通貨も異なりますので、経由せざるを得ないためです。
なので円で海外に送金した場合は、手数料が5,000円取られるなんてこともよくあります。
それに対して、ビットコインは送金するのに、データ量にもよりますが手数料がほとんどかかりません
更に送金時間も20分程で完了してしまいます。銀行のように休みがなく、24時間稼働しているので実現できてしまうのです。

ただこれは、ここ数年前までの話で、現在はスケーラビリティ問題(詳しくは別記事参照)があり、送金時間がもう少し遅くなっています。

その代わりとなるような仮想通貨も現れてきているのが現状です。
送金時間やコストに特化したRippleのシステムも有名ですね。

このように一言にブロックチェーンと言っても、多くのメリットが存在するのです。
この記事で、少しでも仮想通貨やブロックチェーンに興味を持っていただけるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

魅上です。 仮想通貨投資を原資10万円でスタートしました。 総資産は現在7桁にまで伸びている現状です。 ブロックチェーンの今後が楽しみで必死に勉強しています!